49500円,日本製,9×140×200cm,備長炭加工,【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん,カーボラックス,ダブル,寝具・ベッド・マットレス , 敷き布団,三つ折り,昭和西川,体圧分散,硬さ160N,/corkscrew2757446.html,点で支えるムアツ布団,thewriterofbooks.com 49500円 【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 備長炭加工 硬さ160N 9×140×200cm 昭和西川 日本製 体圧分散 点で支えるムアツ布団 寝具・ベッド・マットレス 敷き布団 ポイント10倍 2 15まで 西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 体圧分散 日本製 定価 9×140×200cm 硬さ160N 備長炭加工 点で支えるムアツ布団 昭和西川 49500円,日本製,9×140×200cm,備長炭加工,【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん,カーボラックス,ダブル,寝具・ベッド・マットレス , 敷き布団,三つ折り,昭和西川,体圧分散,硬さ160N,/corkscrew2757446.html,点で支えるムアツ布団,thewriterofbooks.com 49500円 【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 備長炭加工 硬さ160N 9×140×200cm 昭和西川 日本製 体圧分散 点で支えるムアツ布団 寝具・ベッド・マットレス 敷き布団 ポイント10倍 2 15まで 西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 体圧分散 日本製 定価 9×140×200cm 硬さ160N 備長炭加工 点で支えるムアツ布団 昭和西川

ポイント10倍 2 15まで 高評価なギフト 西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 体圧分散 日本製 定価 9×140×200cm 硬さ160N 備長炭加工 点で支えるムアツ布団 昭和西川

【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 備長炭加工 硬さ160N 9×140×200cm 昭和西川 日本製 体圧分散 点で支えるムアツ布団

49500円

【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 備長炭加工 硬さ160N 9×140×200cm 昭和西川 日本製 体圧分散 点で支えるムアツ布団









品質表示
サイズ

9×140×200cm(ダブル)

側地

綿100%

詰め物

ウレタンフォーム
カーボラックス&備長炭加工

製造

日本製

硬さ

160ニュートン
(やや硬め)


商品のポイント

■ムアツ6つの特長

1)気持ちいい寝心地
点で支える独自構造のため身体との接触面が少なくなり、血行を妨げにくい。

2)理想的な寝姿勢をキープ
身体が沈みすぎず、自然で安定した寝姿勢を保持。

3)バランスよく体重圧を分散
凹凸構造が受け止めた体圧を水平・放射状にバランスよく分散

4)寝返りスムーズ
凹凸構造がスムーズな寝返りをサポート
寝返りの多い人でも安心。

5)通気性がよくお手入れ楽々
凹凸構造なので身体への接触部分が少なく、空間部分で湿気を拡散。使わないときは、風通しのよいところに立てかけておくだけでOK。

6)衛生的な素材
ムアツふとんの中芯は特殊ウレタンフォームのため、わた切れやほこりが出にくい。

■カーボラックスの特長

・カーボンブラックをプラスすることにより、耐久性が向上。

・抗菌防臭効果のある備長炭の微粉末をコーティング。


商品の色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。予めご了承ください。


【※ご注文の前に必ずご確認ください※】
こちらの商品は、下記による返品・交換はお受けできませんので、予めご了承のうえご注文をお願い致します。

■ニオイによる返品・交換
(中材のウレタンウォームを製造するさいにつくニオイです。時間が経つとなくなっていきます。)
■お客様の感じ方など、お客様都合での返品・交換
(思ってた硬さと違った、柄が好みではない、自分に合わないなど。)
商品不良・誤納など当方のミスによる場合は、返品・交換対応をさせていただきますので、1週間以内にご連絡ください。

【ポイント10倍!2/15まで】西川ムアツふとん 三つ折り ダブル カーボラックス 備長炭加工 硬さ160N 9×140×200cm 昭和西川 日本製 体圧分散 点で支えるムアツ布団

その他魚食にっぽん[131]イカがもっと好きになる/イカ画家・宮内裕賀さん(2021年12月27日)
 全世界のあらゆる海に分布するイカだが、日本人と特に関係が深いスルメイカは不漁により供給が不足し、消費が減少している。ただ、イカとの距離が生じてしまえば、再び資源が回復した時に恩恵を享受しきれない恐れ[....]

ピックアップ